ハーレーのバッテリ―上がりでエンジンかからなくなって困る前にバッテリー上がりの対策をしましょう!!

公開日: : 最終更新日:2018/12/03 メンテナンス

ハーレーオーナーの方が1度は経験するのではないでしょうか?
バッテリー上がり」は故障ではございません。
メンテナンスで未然に防ぐことが可能なので知識を付けて
困ることがないようにハーレーライフを楽しんでくださいね!

 

・バッテリーの電圧でコンディションを確認する

バッテリー

 

バッテリーっていつ充電したら良いかご存知でしょうか?

・バッテリーが上がってから充電すればよいか?

・バッテリーが上がる前に充電すればよいか?

わかりますよね?

バッテリーは上がる前に充電しなければなりませんよね?

 

バッテリーの電圧で簡易的に充電状態を知ることが出来ます

では早速測ってみましょう!!

と言ってもほとんどの方がテスターなんて持っていないと思います。

しかし

このテスターがないと話が進みません・・・。

 

テスターは安い物で十分です

 

プロが故障診断で使うのであればウン万円するテスターを使用しないと
ダメだと思いますがオーナーの方がバッテリーの電圧を測るだけなら
2、000~3、000円くらいのもので十分測れます。

えぇ~でも~お金がもったいない・・・。

とおっしゃる方に1つ大きなメリットをお伝えします。

テスターを持っているとどう対処すればよいのか分かるようになるのです

・充電すれば良いか

・交換が必要か

けっこう多いんですよ

バッテリー上がったから充電器買いに来ましたっておっしゃる方が

もし充電してもダメな状態だったらどうしますか?

充電器+新しいバッテリーの方が高くつきますし時間が
もったいないと思いませんか?

なのでテスターがあれば話が早いのです

お店の店員さんに

「バッテリー上がったけどどうしたら良い?」

と質問するのと

「バッテリーの電圧〇〇ボルトなんだけどどうしたら良い?」

と質問するのでは返ってくる答えも違いますし
的確な答えをもらう事ができます。

なのでテスター1つあれば何かと助けてくれますよ。

 

バッテリーの充電状態ですが

 

電圧(V)     充電状態(%)

12.7      100

12.6       75

12.3       50

12.0       25

11.8        0

 

充電は12.5以下なら要充電とされています。

数値が低いほど充電しても復活しない可能性が高くなります。

テスターで測ると話が早いと言っているのは
こちらの表を見ていただき

例えば測定値が10Vや6Vくらいのバッテリーは

充電して一時復活するかも知れませんがすぐダメになります

この場合出先でバッテリーが上がってしまったら大変なので
すぐ新品に交換した方が良いです。

12.4Vならまず充電してください

寿命が来ていない限り問題なく使用できます。

 

・バッテリーの充電するタイミングと寿命

充電

 

バッテリーの充電はテスターで測って12.5V以下なら充電してください

もしテスターがなければ1ヵ月に1回くらいは充電した方が良いです。

バッテリーが弱くなると必ずなんらかしらの変化がでます

・セルが重くなる

・灯火類が以前より暗い気がする

 

しばらく乗っていなくて久しぶりに乗る場合も充電した方が良いです。

 

バッテリーの寿命はインジェクション仕様とキャブ仕様で変わりますが

しっかり充電していれば5~6年は使えます

何もしなければ1~2年でダメになってしまします

メーカーの推奨交換サイクルは2年です。

バッテリー年々値段が高くなっているのでしっかり充電して
長く使ってくださいね。

最近のハーレーはセキュリティが標準装備になっていて
これがバッテリー上がりの原因にもなります。

セキュリティかけっぱなしにしていたら1ヵ月でバッテリーが
上がってしますこともありますので気を付けて下さいね。

 

・まとめ

 

バッテリー上がりは故障ではありません

ご自身でメンテナンスしていただかなければなりません。

正しい知識があれば簡単にメンテナンス出来るので是非チャレンジしてください。

先ほどバッテリーの値段が高くなっていると書きましたが出来ればバッテリー
は純正を使用する事をオススメします。

安いバッテリーはまた別のトラブルの原因を作ったりします。

寿命も期待できません。

しっかりメンテナンスして無駄な出費を抑えてくださいね。

 

メニューリストに戻る

 

スポンサードリンク







関連記事

エンジンオイル

ハーレーのエンジンオイルの量と交換サイクルって気になりませんか?

ハーレーダビッドソンの車両の購入を検討されている方でメンテナンス費用 の事を質問されることが多いで

記事を読む

空気圧

ハーレーのタイヤの空気圧って点検していますか?

意外と軽視されているタイヤの空気圧 皆様ちゃんと点検、補充していますでしょうか? ハーレーは重量

記事を読む

ハーレーの冬のバッテリー保管方法ってご存知ですか

私の住む地域ではもう少しでバイクが乗れない季節になります。 冬の間は冬季保管の準備をしなければいけ

記事を読む

オイル量

ハーレーのプライマリーオイルの量と交換サイクルって気になりませんか?

よくエンジンオイルを交換したお話は良く聞くのですが プライマリーオイルを交換したというお話ってあま

記事を読む

スターターモーター

その症状本当にバッテリーが劣化して起こった「ただのバッテリー上がり」ですか?

ハーレーに乗っていると「電気系統」のトラブルに遭遇することもあります。 特に「バッテリー上がり」は

記事を読む

ミッションオイル

ハーレーのミッションオイルの量と交換サイクルって気になりませんか?

ハーレーのミッションオイルの規定量と交換サイクルをご紹介していきたいと思います。 ハーレーはフ

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







フューエルパックFP3の使い方がわからない方は無料メルマガ講座をご利用下さい

私が「フューエルパックFP3使い方マニュアル」のサイトを立ち上げて約3

メニューリスト

・お知らせ 重要 メルマガ登録をしたがメルマガが届かない方 い

商品リスト

こちらのページはN's Factoryで販売している商品になります

保護中: メンバーズサイト

こちらはスターターパックご購入者様専用ページとなっております 今

ベースマップ選びについて質問が多いのでフィードバックします

メルマガ登録されている方から多く寄せられる質問の中で「ベースマップの選

EFIチューニングをしても夏と冬のセッティングは変更するべきなのか?

今回は質問の多かったものの中で1つご紹介させていただきます。 暖

→もっと見る

  • この無料メルマガ講座では

    「FP3を購入したけど使い方がイマイチ解らない」「FP3を購入しようか迷っている」

    という方の為に、

    FP3でチューニングをするのに最低限知っておかなければならない空燃比やVE値の解説、

    ベースマップの選び方・オートチューンのかけ方など、第1回~第10回までにわたり基本的なチューニングに関する知識やFP3の使い方を配信しています。

    メルマガ登録はこちらから↓↓↓

PAGE TOP ↑