フューエルパックFP3を使いこなす為にセンサーデータの役割を知る「バッテリー」

公開日: : 最終更新日:2018/12/12 EFIチューニング

フューエルパックFP3を購入されて上手く使いこなせて
いますでしょうか?

フューエルパックFP3は車両に接続しておくとスマホで
センサーの数値をモニタリング出来ます

その中で知っていると役に立つ情報をお伝えします。

 

今回は「バッテリー」をご紹介します。

バッテリーは流石にわかっていると思いますが念の為確認します

バッテリーは電気を蓄えておく物です

スマホにもありますね

 

充電がなくなったら電話かけたりメールを送ることが出来なくなったり
いろいろ不便な事がおきますね。

実はハーレーも同じなんです

「えっ!?わたし充電したことありませんが・・・。」

とおっしゃる方もいると思います

 

ではなぜバッテリーが何日も使えるのかというと
充電装置が付いているからです

エンジンをかけるとステーターコイルで作られた電気がレギュレーターを
通りバッテリーに返ってきてバッテリーを充電しているので
定期的に乗っている方は実は知らない所で充電されていたのです。
その電圧をモニタリングすることができます

こちらはデモ画面で右上がバッテリー電圧を表示させています

ノーマルのマップではエンジン回転数が1、000回転前後になるように
プログラムされています。

 

イグニッションスイッチをOFFの状態でバッテリーが元気な状態の時は
だいたい12.6~12.8Vになります

ただしフューエルパックFP3のセンサー画面はイグニッションスイッチがON
になっているはずなのでだいたい12.0V前後になります。

エンジンを始動すると14.2V前後になります。

回転数を下げて900RPMくらいまではさほど変化ありませんが
800RPMにすると充電電圧は13.0Vくらいしか返ってきません

 

しっかり充電されていない時間があるのでバッテリーに負担がかかる
と言われているのはこれが原因です

エンジン回転数を800回転にした時の危険性

 

例えば

800RPMでも回転数をあげればしっかり14.2Vに上がります
しかしこれが上がらないとしたら充電系統のトラブルです。

「バッテリー」をモニタリングして1番のメリットは
この電圧値を覚えていればトラブルになった時すぐにわかるので
対処が速やかに行うことが出来ます。

覚えていただきたいのは

 

エンジンをかけると電圧値は14.2Vです

 

エンジン回転数を下げていないのに走行中12.5Vとか15.0V
になった時はかなり高い確率で充電系統のトラブルなので
速やかに修理工場に向かってください。

 

参考までに

もしエンジンをかけて回転数(2、000回転くらい)で電圧値が12.6V
位の数値が出た場合ステーターコイルが故障している可能性があります

もしエンジンをかけて回転数(2、000回転くらい)で電圧値が15.0V
以上の数値が出た場合レギュレーターが故障している可能性があります

あくまでも参考にしてください。

 

まとめ

センサーデーターが何を意味しているのかがわかってモニタリングすると
乗るのが面白くなります

低速の時はこんな数値で高速の時はこんな数値なんだとわかれば
こうしたい時はこうすれば良いのかなど色々対策も出せるようになります

せっかく買ったフューエルパックFP3なのでぜひ使いこなせる
様になってください。

関連記事

フューエルパックFP3を使いこなす為にセンサーデータの役割を理解する 「エンジンの温度

フューエルパックFP3を使いこなす為にセンサーデータの役割を知る「マニーホールド エアー プレッシャー」

フューエルパックFP3を使いこなす為にセンサーデーターの役割を理解する「Target AFR」

フューエルパックFP3を使いこなす為にセンサーデータの役割を知る「バッテリー」

 

メニューリストに戻る

 

スポンサードリンク







関連記事

フューエルパックFP3のアイドリング回転数の設定方法

フューエルパックFP3を買った方のなかで 回転数を下げたくて買ったという方も少なくないと思います

記事を読む

フラッシュチューニング

ディレクトリンクのトランスファーチューニングってどうなんですか?

最近メルマガ登録をしていただいた方から数件同じ質問があったので フィードバックさせていただきます。

記事を読む

エンジン壊れる

ハーレーのエンジンは壊れやすい!?何故こんな話が広まったのでしょうか?

近年ハーレーでインジェクションチューニングをするオーナーが増えています。 話を聞くと 「

記事を読む

メルマガ講座の空燃比に関する情報をシェアします

今までフューエルパックFP3に関する情報をお届けしてきました チューニングの必要性やリスクについて

記事を読む

フューエルパックFP3を使いこなす為にセンサーデータの役割を理解する 「エンジンの温度」

ハーレーには数多くのセンサーが付いています 役割それぞれ異なりますが何1つ欠けてもダメな物ばかり

記事を読む

フューエルパックFP3のノーマルマップの戻し方をご紹介します

フューエルパックFP3の良いところはフューエルパックFP3本体を車両に取り付けていれば その場で簡

記事を読む

センチュリオ

ディレクトリンクはインジェクションチューニングをするだけのツールではないってご存知ですか?

ハーレーでインジェクションチューニングをしようと情報収集していると フルコンやサブコン、フラシュチ

記事を読む

私がEFIチューニングの知識を得るために読んだ本のご紹介

ハーレーダビッドソンは2007年から全てのモデルがインジェクション仕様になりました エンジンの始動

記事を読む

パワーヴィジョン

チューニングデバイスのオススメは?と聞かれてパワーヴィジョンですと答えた理由がこちらです。

ハーレーでインジェクションチューニングをしようと思っているけど沢山あって どれが良いか迷いますよね

記事を読む

フューエルパックFP3を使いこなす為にセンサーデーターの役割を理解する「スロットルポジションセンサー」

フューエルパックFP3のVEテーブル(体積効率のテーブル)は 縦軸がエンジン回転数で横軸がスロット

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







フューエルパックFP3の使い方がわからない方は無料メルマガ講座をご利用下さい

私が「フューエルパックFP3使い方マニュアル」のサイトを立ち上げて約3

メニューリスト

・お知らせ 重要 メルマガ登録をしたがメルマガが届かない方 い

商品リスト

こちらのページはN's Factoryで販売している商品になります

保護中: メンバーズサイト

こちらはスターターパックご購入者様専用ページとなっております 今

ベースマップ選びについて質問が多いのでフィードバックします

メルマガ登録されている方から多く寄せられる質問の中で「ベースマップの選

EFIチューニングをしても夏と冬のセッティングは変更するべきなのか?

今回は質問の多かったものの中で1つご紹介させていただきます。 暖

→もっと見る

  • この無料メルマガ講座では

    「FP3を購入したけど使い方がイマイチ解らない」「FP3を購入しようか迷っている」

    という方の為に、

    FP3でチューニングをするのに最低限知っておかなければならない空燃比やVE値の解説、

    ベースマップの選び方・オートチューンのかけ方など、第1回~第10回までにわたり基本的なチューニングに関する知識やFP3の使い方を配信しています。

    メルマガ登録はこちらから↓↓↓

PAGE TOP ↑