EFIチューニングって本当に必要なの?やったら変化あるの?

公開日: : 最終更新日:2018/12/12 EFIチューニング

クラブハーレーなどの雑誌でよくシャシダイナモを導入した
オススメデバイスはこれです!!

などとここ数年の間で「EFIチューニング」という言葉を聞く機会が増えたように思います。

HDディラーやカスタムショップでもシャシダイナモを導入して積極的にEFIチューニング
勧めております

 

ここで質問ですがなぜショップによってチューニング料金に差があるのか疑問に思ったことは
ありませんか?

EFIチューニングはシャシダイナモに乗せてやるんだからどこのショップでやっても
一緒なんでしょ?って思っていませんか?

 

答えは「NO!!」です

 

EFIチューニングの料金が高ければ腕が良く安ければ腕が悪いとは言いません

チューナーさん(燃調をするオペレーターのこと)によって結果はまったく違います
「技量」「知識」「経験」の差がはっきり出ます。
このチューナー次第で良くも悪くもなります

 

最悪の場合「チューニングやってからおかしくなった」っていうケースも
実際にあるんですよ!!

 

ではこのチューナーさんは実際に何をやっているのかと言うと
この画像はフューエルパックFP3の空燃比テーブルになります
ここの指示で「濃い状態」「薄い状態」にしていきます

 

例えばエンジン回転数(縦軸)が1000気圧KPA(横軸)が40の時の空燃比は14.4です
ただしこれはフューエルパックFP3のデーターの中だけのお話です
これが本当に14.4の空燃比で走行しているかを確認しなければなりません

 

そこで登場するのがO2センサー(オゾンセンサー)です

 

排気ガスを取りこのO2センサーで実際の空燃比を測ります
14.4にセットされているのに実測値が15.0なら薄いと判断し
13.5なら濃いという判断になります
これが「セッティングが出ていない」「空燃比がズレている」と言います

 

次の画面はVE(体積効率)テーブルです

この266マスの数字を変えて14.4になるように調整するのがチューナーさんの仕事です
しかもハーレーは2気筒なので266×2=532マスの数字を変えていくので
途方もない仕事なのです

 

峠道もガンガン攻めて走るトルク重視なのかロングツーリングが多いから燃費重視
にするのかもしくはその両方欲しいのか

オーナーによって求めるものは違いますしチューナーさんの味付けでまったく違う車両に仕上がります

 

以上のことから

 

EFIチューニングはシャシダイナモに乗せてやるんだからどこのショップでやっても
一緒なんでしょ?とは思わなくなったのではないでしょうか?

 

ではなぜ空燃比が狂うのでしょうか?

答えは吸気(エアークリーナー)排気(マフラー)のパーツを変えたからです

入ってくる空気の量と出ていく排気ガスの量が変わるパーツを取付けると先ほどの空燃比が
大きく変わってします

 

最悪の場合全然吹け上がらなくなり乗れる状態ではなくなってしまう事もあります

1番怖いのはエアークリーナーとマフラーを変えると基本的に空燃比が薄くなります
簡単に言うとエンジンの温度が高くなり熱によるダメージを負う確率が高くなります

 

例えばオーバーヒートが起こりやすくなったりエキパイにクラック(ヒビ)が入ったり
大切なハーレーが壊れてしまうこともあります。

 

やはり1番良い状態で楽しむにはエアークリーナー、マフラー、EFIチューニング
この3点はセットでやっていただけたらもっとハーレーで走ることが楽しくなりますよ。

 

フューエルパックFP3を購入する

 

適合を確認する

 

4ピンカプラー

6ピンカプラー

 


EFIチューニングを勉強する

インジェクションチューニングのすべて

フューエルインジェクションバイブル

 

メニューリストに戻る

スポンサードリンク







関連記事

ツインスラッシュ

スポーツスターをFP3でチューニングした時のエアクリとマフラーをご紹介

近年ハーレーでエアークリーナーとマフラーを交換した時はインジェクションチューニング をした方が良い

記事を読む

私がEFIチューニングの知識を得るために読んだ本のご紹介

ハーレーダビッドソンは2007年から全てのモデルがインジェクション仕様になりました エンジンの始動

記事を読む

パワーヴィジョン

チューニングデバイスのオススメは?と聞かれてパワーヴィジョンですと答えた理由がこちらです。

ハーレーでインジェクションチューニングをしようと思っているけど沢山あって どれが良いか迷いますよね

記事を読む

メルマガ講座の空燃比に関する情報をシェアします

今までフューエルパックFP3に関する情報をお届けしてきました チューニングの必要性やリスクについて

記事を読む

シャシダイナモ

ディレクトリンクでインジェクションチューニングをしてくれるショップを選ぶポイント

テクノリサーチ社のインジェクションチューニングデバイスの「ディレクトリンク」を使用して ハーレーの

記事を読む

フューエルパックFP3を使いこなす為にセンサーデーターの役割を理解する「スロットルポジションセンサー」

フューエルパックFP3のVEテーブル(体積効率のテーブル)は 縦軸がエンジン回転数で横軸がスロット

記事を読む

フラッシュチューニング

ディレクトリンクのトランスファーチューニングってどうなんですか?

最近メルマガ登録をしていただいた方から数件同じ質問があったので フィードバックさせていただきます。

記事を読む

フューエルパックFP3はハイフロエアークリーナーが取付られているのが前提です。

フューエルパックFP3のベースマップはほぼ全てハイフロエアークリーナーが 取付けられているのが前提

記事を読む

フューエルパックFP3を使いこなす為にセンサーデーターの役割を理解する「Target AFR」

フューエルパックFP3を購入された方上手く使いこなせているでしょうか? フューエルパックFP3の本

記事を読む

フューエルパックFP3のノーマルマップの戻し方をご紹介します

フューエルパックFP3の良いところはフューエルパックFP3本体を車両に取り付けていれば その場で簡

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







フューエルパックFP3の使い方がわからない方は無料メルマガ講座をご利用下さい

私が「フューエルパックFP3使い方マニュアル」のサイトを立ち上げて約3

メニューリスト

・お知らせ 重要 メルマガ登録をしたがメルマガが届かない方 い

商品リスト

こちらのページはN's Factoryで販売している商品になります

保護中: メンバーズサイト

こちらはスターターパックご購入者様専用ページとなっております 今

ベースマップ選びについて質問が多いのでフィードバックします

メルマガ登録されている方から多く寄せられる質問の中で「ベースマップの選

EFIチューニングをしても夏と冬のセッティングは変更するべきなのか?

今回は質問の多かったものの中で1つご紹介させていただきます。 暖

→もっと見る

  • この無料メルマガ講座では

    「FP3を購入したけど使い方がイマイチ解らない」「FP3を購入しようか迷っている」

    という方の為に、

    FP3でチューニングをするのに最低限知っておかなければならない空燃比やVE値の解説、

    ベースマップの選び方・オートチューンのかけ方など、第1回~第10回までにわたり基本的なチューニングに関する知識やFP3の使い方を配信しています。

    メルマガ登録はこちらから↓↓↓

PAGE TOP ↑